家電の電気代

アイリスオーヤマIHクッキングヒーターの電気代はいくらなの?

アイリスオーヤマIHクッキングヒーターの電気代はいくらなの?

アイリスオーヤマIHクッキングヒーターの電気代はいくらなの?

1日2時間使用した電気代を 1ヶ月分の計算すると

一口クッキングヒーター:127円〜1,588円( 1ヶ月)

二口クッキングヒーター:159円〜2,224円

ということがわかりました。

本文ではさらに詳しく商品名の口コミや評判などもまとめているのでぜひ参考にしていただけたら幸いです。

▼アイリスオーヤマのIHクッキングヒーターはこちら▼

 

アイリスオーヤマIHクッキングヒーターの電気代の目安

2種類のIHクッキングヒーターの電気代を時間毎に調査しました!

 

一口クッキングヒーター|IHK-T38-Pの電気代

IH一口クッキングヒーター|IHK-T38-Pを使用した時の電気代の目安は↓の通りです。

消費電力 80W〜1000W/50Hz/60Hz
2時間使用 4.24円〜52.96円
4時間使用 8.47円〜105.92円
8時間使用 16.95円〜211.84円

※東京電力で使用した場合の目安

 

二口クッキングヒーター|IHK-W12S-B/IHK-W12S-Wの電気代

二口クッキングヒーター|IHK-W12S-B/IHK-W12S-Wを使用した時の電気代の目安は↓の通りです。

消費電力 左側(6段階):100W〜1400W/50Hz,W/60Hz
右側(4段階):100W〜700W/50Hz,W/60Hz
2時間使用 5.30円〜74.14円(左側):5.30円〜37.07円(右側)
4時間使用 10.59円〜148.29円(左側):10.59円〜74.14円(右側)
8時間使用 21.18円〜296.58円(左側):21.18円〜148.29円(右側)

※東京電力で使用した場合の目安

 

アイリスオーヤマIH一口クッキングヒーター|IHK-T38-Pの商品概要

総合評価
商品名 IH一口クッキングヒーター|IHK-T38-P
価格 4,780円〜
コスパ評価 ★★★★4.3
口コミ評価 ★★★★4.45
デメリット
  • HI鍋でもサイズによっては使用できない鍋もある
  • ”湯沸かしモード”やタイマーが付いていない
メリット
  • マグネット式の電源ケーブルのため持ち運びが便利、さらに縦でも横でも収納が可能!
  • ボタンが見やすくて操作が簡単!

コンパクトなので準備や収納も楽で、さらには見やすいボタンで操作も簡単です!

使いやすいと使う頻度も増えますよね!

ただ、使用できないフライパンや鍋もあるため購入前に確認が必要です。

悪い口コミ
  • 沸騰するのに時間がかかり火力が弱い感じがする
  • 使いやすいけどタイマーが付いてたらもっと良い

火力が弱いと調理するのに時間もかかり不便ですよね。使用する鍋やフライパンのサイズによるのかもれません。または火力を上げたり調理中の火力の調整が必要になります。

タイマーは意外と使いますよね。付いていたら便利な機能ですが、こちらの商品に付いていないのが悲しいです。

良い口コミ
  • 汚れがキレイに拭き取れて掃除が簡単!
  • さまざまな調理ができて一人暮らしにはとても便利!

フラットなので拭き取りやすくキレイに汚れを落とせます。

一口クッキングヒーターでさまざまな料理ができるため一人暮らしの方にはとても便利かと思われます!さらには電気代も低価格ですね。

サニーさん
サニーさん
料理や片付けをするにもコンパクトで収納しやすいことも一台あると便利ですね!

ただ、一口クッキングなので家族で使用するには小さいかと思われます。

なので一人暮らしの方におすすめの商品です!

 

アイリスオーヤマIH二口クッキングヒーター|IHK-W12S-B/IHK-W12S-Wの商品概要

総合評価
商品名 二口クッキングヒーター|IHK-W12S-B/IHK-W12S-W
価格 14800円〜
コスパ評価 ★★★★4.1
口コミ評価 ★★★★4.3
デメリット
  • 質材やサイズによって使用できない鍋やフライパンもある。
  • 鍋やフライパンによって発熱しないこともある。
メリット
  • 音が静かでタイマーや”湯沸かしモード”がついている
  • 2種類のヒーターがついており料理内容によって使い分けできる

2種類のヒーターがあるため料理内容によって使い分けができます!さらに音が静かで”湯沸かしモード”がついているため簡単に操作可能です!

ただ、使用できるフライパンや鍋が限られているので調理器具を購入する際は注意してください。

 

悪い口コミ
  • 右側(4段階)の火力が弱くて沸騰するのに時間がかかる
  • 揚げ物モードにすると一口しか使えないので不便

二口ヒーターで使い分けできるのは良いです。

ただ一気に料理したい方には”揚げ物モード”のように一口ヒーターしか使えないと不便に感じるかもしれません。これも火力が異なるからかと思います。

良い口コミ
  • プロパンガスより電気代が安い
  • 掃除が楽でタイマー設定ができるから使いやすい

電気代が節約できるのは効果だですよね!油など付くと掃除に時間がかかりますが、フラットでだとお手入れが簡単なので、掃除に時間がかかりません!

 

サニーさん
サニーさん
二口ヒーターなので同時に料理ができてタイマー設定もできるので使いやすいです!さらに電気代も節約できるので一家に一台あると便利ですね。

ただ、火力が弱いとの声もあるため料理によって時間がかかるかと思います。

 

まとめ

今回はIH一口クッキングヒーター|IHK-T38-Pと二口クッキングヒーター|IHK-W12S-B/IHK-W12S-Wの電気代や商品概要について調べてみました。

1日2時間使用した電気代を 1ヶ月分の計算すると

一口クッキングヒーター:127円〜1,588円( 1ヶ月)

二口クッキングヒーター:159円〜2,224円( 1ヶ月)

という結果となりました。

また、どちらも共通してお手入れが簡単で使いやすいということと火力が弱いということがわかりました。

そして調理器具を購入する際はこちらの商品に対応しているかも確認して購入してください!

電気代だけではなく、メリットデメリットも含めて

購入の際の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼アイリスオーヤマのIHクッキングヒーターはこちら▼